FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5日目‥丁張


5日目‥丁張
丁張(ちょうはり)と呼ばれる、工事です。


IMG_0244.jpg


 IMG_0245.jpg


*******************************************************************************

丁張り(ちょうはり)とは
工事を着手する前に、 建物の正確な位置を出す作業のことで、
別名、水盛り・遣り方(みずもり・やりかた)とも言います。

 

丁張りは
まず、設定GL(基準となる地面の高さ)を決め、
約1.8m間隔に水杭(ミズグイ)を立て、
水平ライン(基礎の上端の高さ)を記し水貫(ミズヌキ)でつないでいきます。

水杭と水貫が動かないように、
筋交い貫(すじかいぬき)を斜めに打ち付けて固定します。

更に水貫と水貫の間に水糸を張って、
基礎(建物)の中心線を印します。

丁張りは
レーザーによる位置出し器を使って直角や水平を出しますが、
レーザーが普及していない頃は、
原始的な方法で正確な直角や水平を出していました。

 

やりかた
 

直角の出し方は
辺長さが、3m、4m、5mの三角形を作ると、
直角三角形を作る事ができます。
大工さんはこれを「サシゴ」といっています。

直角の出し方

水平の出し方は
透明なチューブの中に水を入れ、図のように出していました。

水盛のやりかた

 


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

rakutoremokuzou

Author:rakutoremokuzou
ラクトレ建築資格スクールの『動画教材シリーズ』へようこそ!!
‥‥動画と写真で、木造建築のすべてを解説致します!!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。