スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

29日目(4/30)‥土台工事

 
29日目(4/30)‥土台工事です。


ようやく木工事の開始です。

 ここをクリック⇒土台取付の動画

プレカット工法の 『蟻継ぎ腰掛け』の仕口です。


IMG_0484.jpg

【ねこ土台】
… 土間部分の通気を確保する部品です。 

   換気口を設けると、耐震性が悪くなるとのことで【ねこ土台】が用いられてます。
  
  ここをクリック⇒何故ねこ土台と呼ぶのか?

IMG_0487.jpg 



IMG_0489.jpg 


【蟻継ぎのプレカット版】
…飛び出た木材の逆三角の形状が、蟻の頭の形状に似ているので、『蟻(あり)継ぎ』と呼ばれてます。
 昔の人は、ネーミングにもセンスがありますね!!逆に言えば、センスがあるネーミングだから、いまだに 
 言い続けているのですね!!


IMG_0492.jpg


  ここをクリック⇒大引きの取付の動画



IMG_0503.jpg  



鋼製床束の取り付け】
…布基礎の頃の 束石と床束と比べると、ずいぶん合理化が進んでますね!!


 ここをクリック⇒鋼製床束の動画
 

IMG_0494.jpg





IMG_0501.jpg 


【昔の工法→束石と床束
   →建築士・インテリアコーディネーター試験ではこちらを覚えてください!!

112904.jpg 



【大引きは…105mm×105mmで米松材です】

IMG_0507.jpg 


ここをクリック⇒土台工事の解説の動画



------------おまけの講座-------------------------------
ねこ土台とは?
基礎立ち上がり土台の間に挟む物で、直接土台基礎立ち上がり部に触れさせずに浮かせることで、土台腐朽防止床下換気効率よくする工法厚さ2~3cmの木材モルタル柱下大引取合い箇所に@900前後に入れる。最近では樹脂製や金属製の既製品を使うのが一般的です。別名基礎パッキンとして知られている。


基礎パッキン工法2-e1443092763435

 
スポンサーサイト

25日目(4/26)‥配管工事

 25日目(4/26)‥配管工事です。

最近の配管工事は、写真のように 『さや管ヘッダー式』なので、昔のように、鋼製のパイプをねじ切りして繫いだりはしません。架橋ポリエチレン管いわゆる、プラスチック管を床下に配置するだけです。

簡単になりましたね!!

青色が水道、赤色が給湯管です。  
橙色の管は、浴室からの戻り管(追いだきする時に、浴室から給湯機に戻す管)です。

  ここをクリック⇒配管工事の解説の動画



  ここをクリック⇒さや管ヘッダー方式


IMG_0475.jpg 


【2階の排水管の1階部分です。】

トイレと洗面所の排水管です。

IMG_0480.jpg

26日目(4/27)‥土間打ち(玄関部分)

26日目(4/27)…玄関部分のたたきの土間工事です。


【玄関部分のたたきに土を盛ってます】

IMG_0433.jpg



ここをクリック⇒外部土間打ち


【断熱材が入ってます】…こんなところまで断熱材を入れるのですね!
IMG_0435.jpg



【断熱材の材質】…
ポリスチレンフォームです。


IMG_0436.jpg


【玄関ポーチ】…木枠を組んでます。
 IMG_0440.jpg

【コンクリート打ち
IMG_0439.jpg

 
【コンクリート仕上げ

ここをクリック⇒玄関部分土間打ち工事

IMG_0443.jpg 

22日目(4/23)‥基礎立ち上がり 型枠取り外し

 22日目(4/23)‥基礎立ち上がり 型枠取り外し 工事です。





ここをクリック⇒セパレーターの取り外しの動画




【せき板の取り外し】


 ここをクリック⇒せき板の取り外し動画






IMG_0414.jpg 




【Cセパレ―ターのねじ部分が見えます!】

IMG_0415.jpg






【Cセパレ―ターのねじ部分です。】



IMG_0416.jpg 



【Cセパレ―ターのねじ部分をハンマーで叩き落とした後です。】

  
ここをクリック⇒Cセパのねじ部の折取りの動画


IMG_0423.jpg



【型枠をはずしてすっきりした基礎です!】

IMG_0421.jpg 


19日目(4/20)‥基礎 天端仕上げ工事

19日目‥基礎 天端仕上げ工事

基礎の立ち上がり部分のコンクリートの打ち込みの時、木ねじをコンクリート表面に埋め込み作業をされてました。その時、これは何ですか?と質問したのですが、…『基礎の天端の………』という答えが返ってきました。
 
ここをクリック⇒天端レベリングのねじ埋めこみの動画


その時は、理解できなかったのですが、19日目の早朝から、基礎屋さんが、木ねじを回しておられました。
以下の写真が、その答えです。


→天端の仕上げ面の水平の規準レベルを出すためのものでした!!


 昔は、水糸を張って施工されてましたが、10年前頃から『天端レベラー工法』という、合理化工法に変わっただそうです。

天端レベラー工法…水で練って流すだけで平滑な天端仕上げが可能です。


【施工現場の中央部分にレーザを出す装置を設置する】
IMG_0397.jpg



【レーザ装置拡大写真】

IMG_0391.jpg



【木ねじを回してレベル出し】…中央のレーザー光線を受光してレベルの規準としている

   ここをクリック⇒天端レベリング工法のねじ高さ調整の動画



IMG_0393.jpg 

 

 
【レベル出しの 木ねじ
IMG_0395.jpg 

【天端レベラー工法のモルタル
   ここをクリック⇒端レベリングの調合の動画



IMG_0401.jpg 


IMG_0402.jpg 



【モルタルの流し込み】‥流動性が高いので、自然に水平面が形成される。

ここをクリック⇒天端レベリング工法の説明の動画


IMG_0408.jpg 
 
  

ここをクリック⇒天端レベリングのモルタル流し込みの動画

IMG_0404.jpg 


【木ねじの上端が モルタルの流し込み目標高さです。

‥レーザー光線で、高さ調整済みの 木ねじの頭を目標に、モルタルを流し込みます。
IMG_0409.jpg 



この工法では、流し込み時間は、約1時間でした!!


昔は、1日仕事だったと思います。

超合理化工法です。

18日目‥コンクリート流し込み工事

 
18日目‥ コンクリート流打ちこみ工事(起訴立ちあがり部分)


ここをクリック→コンクリートの運搬の動画

IMG_0375.jpg


IMG_0370.jpg 

 IMG_0368.jpg 



ここをクリック→コンクリートの打ちこみの動画

IMG_0364.jpg 


ここをクリック→バイブレーターの動画

IMG_0371.jpg 



ここをクリック→
アンカーボルトの埋め込みの動画
IMG_0366.jpg 


IMG_0377.jpg 


ここをクリック→ホールダウン金物の位置決め金具の動画
IMG_0379.jpg

17日目‥基礎立ちあがり部型枠工事

17日目‥基礎立ちあがり部の型枠工事です。

IMG_0360.jpg 

IMG_0351.jpg 


IMG_0358.jpg 


IMG_0346.jpg

15日目(4/16)‥ベタ基礎の土間コン工事

15日目(4/16)‥ベタ基礎の土間コン工事でした。

写真の通り、土間部分のコンクリート打ちが終わりました。
土間コンクリート打ちの動画を取りたかったのですが、あいにくその日は、用事があり撮影できませんでした。

IMG_0337.jpg 

IMG_0344.jpg 


【スリーブ】の写真です!
‥‥配管を通すための、孔を確保するものです。(あらかじめ、筒状のものを埋め込んでおき、コンクリートを流し込んでも、配管を通す孔を確保するものです。)
2級建築士の【施工】で出題されました!!

【過去問】
スリーブは、コンクリート打ちこみ時に動かないように、型枠内に強固に取り付けた。
 →答えは、当然○ですね!!

IMG_0339.jpg 

-------------おまけのコーナー------------------------

何故、住宅の基礎は、 布基礎→ベタ基礎に変わってきたのか??


①不同沈下が起きない
bs_strong_img01.jpg 

②床下からの湿気が上がらんない

③白アリ対策

 bs_strong_img02.jpg

diagram_L.jpg
 

14日目(4/15)‥基礎工事(配筋)

  
IMG_0321.jpg




IMG_0318.jpg  


  


IMG_0327.jpg


IMG_0328.jpg





13日目‥基礎工事⇒型枠工事

 IMG_0297.jpg


ここをクリック⇒Cセパレーター取付け動画-1


IMG_0302.jpg 



ここをクリック⇒Cセパレーター取付け動画-2

 IMG_0307.jpg 





【C】

IMG_0313.jpg



ここをクリック⇒セパレータの構造(ラクトレ動画教材シリーズ)
                ↑
          ラクトレ動画再生回数No.1 ‥35000回再生されてます!!


---------蛇足コーナー------------------------------------

■Cセパレーターの名前の由来⇒http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1442994714


■セパレータの種類⇒http://ke-ss.sakura.ne.jp/products/marusepa/


7日目‥基礎工事

IMG_0282.jpg 


IMG_0285.jpg

6日目(4/6)‥基礎工事

今日から基礎工事が始まりました。
‥今回は、『ベタ基礎』と呼ばれる基礎です。
私が、今までよく見かけた 『布基礎』とは、工事内容が異なっています。

IMG_0276.jpg 


IMG_0279.jpg 


5日目‥丁張


5日目‥丁張
丁張(ちょうはり)と呼ばれる、工事です。


IMG_0244.jpg


 IMG_0245.jpg


*******************************************************************************

丁張り(ちょうはり)とは
工事を着手する前に、 建物の正確な位置を出す作業のことで、
別名、水盛り・遣り方(みずもり・やりかた)とも言います。

 

丁張りは
まず、設定GL(基準となる地面の高さ)を決め、
約1.8m間隔に水杭(ミズグイ)を立て、
水平ライン(基礎の上端の高さ)を記し水貫(ミズヌキ)でつないでいきます。

水杭と水貫が動かないように、
筋交い貫(すじかいぬき)を斜めに打ち付けて固定します。

更に水貫と水貫の間に水糸を張って、
基礎(建物)の中心線を印します。

丁張りは
レーザーによる位置出し器を使って直角や水平を出しますが、
レーザーが普及していない頃は、
原始的な方法で正確な直角や水平を出していました。

 

やりかた
 

直角の出し方は
辺長さが、3m、4m、5mの三角形を作ると、
直角三角形を作る事ができます。
大工さんはこれを「サシゴ」といっています。

直角の出し方

水平の出し方は
透明なチューブの中に水を入れ、図のように出していました。

水盛のやりかた

 


3日目‥外部配管工事(下水・水道移設)

3日目‥外部配管工事(下水・水道移設)です!


今回の工事は、新しい家の下に、配管があるとまずいので、新し家の外部に、下水と水道の配管を移設しました。このように、建てかえ工事の場合、いろいろ手間がかかります。


IMG_0237.jpg 


IMG_0241.jpg 




IMG_0242.jpg

1日目‥地鎮祭(4/2)

まずは、地鎮祭です。
好天に恵まれました!!



IMG_0234.jpg



ここまでたどり着くのに大変な労力を費やしました!!

更地に家を建てるのではなく、家を半分取り壊して、新築するのです。

そのため、古い家を取り壊すための、かたずけ・家財の処分に労力を費やしました。

40年分の、思い出??をすべて破棄しました。2tトラックで6台分、2日間かけて、高岡市の処分場に持ち込みました。

そのあと、解体工事がはじまりました!!


解体工事の動画です!!

www.youtube.com/watch
プロフィール

rakutoremokuzou

Author:rakutoremokuzou
ラクトレ建築資格スクールの『動画教材シリーズ』へようこそ!!
‥‥動画と写真で、木造建築のすべてを解説致します!!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。